文字サイズ

環境学部環境学科

地域と関りながら環境問題に取り組み、グローバルな視点を養う環境学部環境学科についてご紹介します。

■概要
■学部長メッセージ
■三つのポリシー
■学習分野・取得目標資格
■シラバス
■実務経験のある教員等による授業科目の一覧表
■教員紹介
■教職課程について
■就職・進学実績

「環境」の専門知識と技術を学び、社会の為に提案・実践できる能力を養います。
「環境」を実践的に学ぶフィールドワークに1年次から取り組むことができる内容となってなります。
また、自然環境保全、循環型社会形成、人間環境など幅広い分野の環境関連科目も用意。
人と社会と自然との共存の為の”環境”問題解決能力をはじめ、行動力やコミュニケーション力といったあなたの未来へつながる人間力にも磨きをかけます。

学びのポイント
  • 多様で先端的な研究との出会いの中で興味が広がります。
  • 自然へ、田舎へ、まちへフィールドワークが充実しています。
  • 調査・実験・分析の技術を、実践的に身につけられます。
  • 教員との密なコミュニケーションの中で学習をサポートします。

 

学部長メッセージ
環境問題に、自然環境保全、循環型社会形成、人間環境の3つの側面から取り組んでいく環境学部。
理論的、実践的にぶつかることを通して、自分の問題解決能力全体を高めてください
環境問題の改善のためには、さまざまな学問分野の研究、実践が必要です。環境学部では、自然環境保全、循環型社会形成、人間環境という3つの面から環境問題に取り組みます。フィールドワークを重視して、環境問題の全体像を学びつつ、専門分野を深めていく ― それが「環境」に特化した本学部の強みだと思っています。また、教職課程を設置しており環境問題に精通した教育者を目指せることも本学部の強みです。私自身は、ニホンモモンガやコウモリ類、アカハライモリ、スナヤツメといった希少生物の生態や、彼らの生息地の保全と地域活性化を結びつける取り組みについて研究を行ってきました。学術的な力と現場での実践力、地域の人たちとのコミュニケーション、いろいろなものが必要になります。4年間の学修で、環境問題に、理論的、実践的にぶつかることを通して、自分の問題解決能力全体を高めて社会のさまざまな分野で活躍してもらうことを期待します。
学部長
学部長 小林朋道 教授
[ Profile ]
岡山大学理学部生物学科卒業。京都大学で理学博士取得。
岡山県の高等学校に勤務後、2001年鳥取環境大学環境情報学部講師を経て2005年より同学部教授。2012年4月環境学部教授・副学部長に就任、2016年4月より同学部長。主な著書として「先生、洞窟でコウモリとアナグマが同居しています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学」(築地書館)、「絵でわかる動物の行動と心理」(講談社)などがある。